MENU

医療レーザー脱毛のメリットとデメリットを知っておきましょう!

脱毛には各種仕方がありますが、その中でも今回は医療レーザー脱毛について考えてみます。
そもそも、なんでレーザーの明かりで脱毛ができるのでしょうか?

 

思惑としてはレーザーから特定の波長の明かりをピンポイントで照射し、
そのレーザーから出る特定の波長の明かりが特定の仲間だけに反応することを実践して、
ムダ毛の毛根仲間を破壊してヘアーが生えなくします。

 

この毛根仲間を破壊するは医療動きとみなされるので、
日本ではドクター免許がなければオペレーションできない動きとされています

 

では、そんな医療レーザー脱毛のメリットはどこにあるのでしょうか?

 

殊更、ドクターが施術するのできっちり人肌の環境を判断してくれたり、
仮に万が一人肌が腫れたり荒れたときの扱いは、医療の名手が適切な扱いを施して貰える。
また、医療レーザー脱毛の施術をする場所の浄化調節に関しても、
医療機構ならではのリライアビリティがあります。

 

ぐんぐん、医療レーザー脱毛は微妙に強さを調整することができ、
それを病院が行う結果絶えず人肌の環境を見ながら微妙に調整して人肌に手ように、
かつ、効果が最長になるように判断してレーザーの攻略コントロールを通してもらえる。

 

そして、先にも書いたように毛根仲間を破壊するので、永久脱毛できるのはどうにも大きな強みでしょう。
安全と効果をくらべると、選ぶなら敢然と医療脱毛だと言えます。

 

 

 

脱毛のデメリットに関しまして

つぎに医療レーザー脱毛のデメリットに関しましててご説明いたします。
医療脱毛では、放射されるレーザーが黒い色素(メラニン色素)に反応する結果、スキンがかつて場所黒な人類や日焼けをしている場合はヤケドを起こす可能性があり、彩りが抜けてしまうなどの恐れがあります。
ホクロや痣がある実例なども、ヤケドなどの恐れがある結果レーザーを照射できない事があります。そんなゾーンを脱毛しよ場合には、事前に違うレーザー器具を使用しホクロや痣の撤去オペをしたあとに、レーザー脱毛を受けることをお勧めいたします。
また陰部や肛門・乳輪といった部分はメラニン色素を幅広く含んでいて、
心強い痛苦やヤケドを引き起こす予報が高まります。

 

しかし近年はVIOと言われる陰部や肛門などの個所の医療脱毛を行う人も増えてきている結果、
その技能も日々上がってきております。

 

また、細い髪の毛や白髪・産毛には効果が得られない場合もあります。

 

レーザーはずっと黒く太い髪の毛にすばらしく反響し、
そのため黒の色素が情けない場合にはレーザーの光が行いせず、脱毛の効果が得られることができないのです。

 

また、稀に「硬髪の毛化」や「増毛化」などの症状を引き起こすケースがあります。

 

しかし、これらの症状はありのまま照射を行うため脱毛貰える
上記、レーザーの洗練が進み効果が得られていらっしゃるケースもあるようです。

 

将来的にふたたび洗練が進めば、産毛・白髪にも効果的レーザーが浸透することもあるでしょう。
そうなると医療レーザー脱毛による本当の意味での永久脱毛が可能になって訪れる。